【ネジ締め】様々な角度の面へのネジ締めに挑戦します。

本日月収15万(※)のロボット会社員は、 ネジ供給機を使った、ネジ締め作業に挑戦します。

電動ドライバーを使用した 人によるネジ締めでは、 締め忘れなどのミス防止が、大きな課題となります。

また、作業の確認工程も必要となります。

ロボット会社員テックマンは、 ネジ供給機からドライバーまで 自動的に供給されたネジを ミスなく正確にネジ締めを行います。

更に確認工程が必要ありません。

加えて、ネジ締めを行った場所を記録でますので、 信頼性の高い作業書類が作成できます。

また、ドライバーが接続されたハンドが 様々な角度に曲がりますので、 様々な角度の面へ、ネジ締めが可能となります。

まずはロボット会社員の ミスのない働きぶりをご覧ください。

皆様のお仕事のヒントになりましたら、幸いです。

※:月収15万円とは

弊社が推奨する標準機器を3年から4年で償却した場合の 月平均金額となります。

自動化アプリケーションに関わる周辺機器は 含んでおりません。

今回のネジ締めに関わるシステムは、別途となります。

また、原価償却が終わった後は 月収15万円という費用が不要になります。

詳しい価格はお問い合わせください。

お問い合わせ、カタログダウンロード

 

テックマンのお問い合わせ、最新のカタログダウンロードはこちらからご案内致します。

また、様々なデモやアプリケーションビデオをご用意しておりますので、

お客様の作業内容等を、お伝え頂ければ、

イメージのお手伝いとしてビデオURLを選定し、

お知らせ致します。

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA