自動搬送車(AGV)との相性が最も良いテックマン

別の記事で、テックマンはTMランドマークの位置自動補正機能を使って、従来困難であったロボットの移動が出来る事をご案内致しました。

他社には出来ない!移動して自動で位置補正が出来るテックマン

この機能は、自動搬送車(AGV)にテックマンを搭載する事で更にメリットが出ます。

因みにに、自動搬送車はAGV(Automatic Guided Vehicle)と呼ばれており、床に敷かれたマグネットレールのに沿って、軽快な音楽(警告音)を鳴らしながら部品を搬送出来る台車です。最近は、レール無しで搬送するAMR(Autonomous Mobile Robot)もあります。

従来のAGVは停止精度が、性能を左右する要因になっています。しかしロボットをAGVに搭載する場合、高性能なAGVやAMRを使っても、ロボットが求める精度で停止する事は困難です。

テックマンをAGVに搭載する場合、作業スペース側にTMランドマークを付ける事でプログラムの原点をTMランドマークにする事が出来ます。

TMランドマーク

つまり、テックマンを搭載したAGVは、おおよその場所に停止出来れば、後はテックマンが自動でプログラムの原点を3D(X,Y,Z方向)で位置補正し、プログラムを位置ズレする事なく実行する事が可能です。

他社ロボットの場合、同様にカメラを使い位置補正する機能がございますが、多くは平面(X,Y方向)の位置補正になります。作業場の床面が、高精度で平坦を保って入れば良いのですが、そうで無い場合は、床面の歪みだけ縦(Z方向)のズレが生じます。多くの場合、このズレは補償していない、または補償出来ても補正に時間が掛かります。

この様にAGVやAMRが困難な停止位置の精度を、テックマンがその補正を担う事が出来ます。更に、テックマンはDC20V〜60V電源に対応したTMモバイル仕様を全てのバリエーションでご用意しています。モバイルシリーズは、AGV,AMRの電源であるバッテリーで動かす事が出来、AGVのワイヤレスな利点を損なう事なくご利用頂けます。

お問い合わせ、カタログダウンロード

テックマンのお問い合わせ、カタログダウンロードはこちらからご案内致します。

また、様々なデモやアプリケーションビデオをご用意しておりますので、

お客様の作業内容等を、お伝え頂ければ、

イメージのお手伝いとしてビデオURLを選定し、

お知らせ致します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA