e・ハンド コンプレッサー内蔵電動吸着ユニット

e・ハンドはロボットの先端に取り付けるユニットに小型のコンプレッサーが内蔵されており、ロボットのエンドモジュールのコネクタから供給する電源と信号で吸着をする事が出来ます。テックマンに非常に相性の良いエフェクターの一つです。

ロボットがワークを動かす為に使う手段の1つが、吸着です。吸着を使う場面は、 動画の様な箱に製品が詰まって入っている場合など、 複数のワークが密着している際、側面には隙間が無い為、一つのワークを動かすには上面しか触れる事が出来ません。または、ワークの形状がそれぞれ異なっている場合にグリッパーでは横幅が一定ではない為、上面で吸い上げるなどです。

吸い上げる力を得る為に、吸盤から掃除機の様に空気を吸わせる方法をとるのですが、従来の方法は、コンプレッサーやブロアー等の機器を使い空気を吸うか吹くかして吸引力を得ています。

よって、ロボットに吸引力を与える為に工場の設備であるコンプレッサーとロボットを接続する必要があります。

テックマンの場合、場所を自由に移動出来る機能がありますが、従来の方法では移動先でコンプレッサーが無い場合は吸着が出来ません。場所の制約がなくなったテックマンにコンプレッサーが設置されている場所には持っていけない制約がついてしまいます。

e・ハンドを使うと、コンプレッサーが内蔵されている為、コンプレッサーが無い場所にテックマンを連れて行っても、ワークを吸着させる事が出来ます。

ご興味のある方は、日本語カタログをご用意しておりますので下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ、カタログダウンロード

テックマンのお問い合わせ、カタログダウンロードはこちらからご案内致します。

また、様々なデモやアプリケーションビデオをご用意しておりますので、

お客様の作業内容等を、お伝え頂ければ、

イメージのお手伝いとしてビデオURLを選定し、

お知らせ致します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA