【野菜・果物の計量と仕分け】それぞれ少しづつ形の違うオレンジを識別してデジタル測りで計測。デジタルを読み取って重さで仕分けをします。

本日のロボット会社員は、オレンジを重さ計量して 仕分けをする作業を行いました。

オレンジを拾い上げて計りに載せて計量し、 計りの表示を読んで、重さによって仕分けをしました。

野菜や果物は、 それぞれ少しづつ形や色が異なります。

これまでは、これらを同じ仲間として 認識する事は困難でした。

ところがテックマンの新機能である AI学習機能を使うと、 少しづつ異なる野菜や果物を、同じグループとして 認識する事ができます。

加えてテックマンはデジタル表示を 読み取る事もできます。

今回は計りの表示を読み取り重さによって 仕分けを行っています。

野菜や果物を取り扱う農業や売り場の 計量や仕分け作業にも、参考となれば幸いです。

※:月収15万円とは 弊社が推奨する標準機器を3年から4年で償却した場合の 月平均金額となります。

自動化アプリケーションに関わる周辺機器は 含んでおりません。

(今回使用している、AI学習機能及び文字認識(OCR)機能は オプションとなり別費用となります。)

また、原価償却が終わった後は 月収15万円という費用が不要になります。

詳しい価格はお問い合わせください。

お問い合わせ、カタログダウンロード

 

テックマンのお問い合わせ、最新のカタログダウンロードはこちらからご案内致します。

また、様々なデモやアプリケーションビデオをご用意しておりますので、

お客様の作業内容等を、お伝え頂ければ、

イメージのお手伝いとしてビデオURLを選定し、

お知らせ致します。

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA